頭痛はなぜ起こる

後頭部が頭痛になる原因とは。

頭痛には様々なタイプがあります。中には命にかかわる頭痛もあるのです。特に後頭部が痛む場合は注意が必要です。後頭部が痛くなる3つの頭痛についてみてみましょう。

緊張型頭痛

パソコンでのデスクワークやスマホなど、同じ姿勢を続けることで首や肩の筋肉が硬くなって、血液の流れが悪くなることで起こる頭痛です。慢性的な頭痛の多くはこのタイプだといわれています。ストレスや目の使い過ぎによる眼精疲労が原因になることもあります。

痛みの特徴としては、首から後頭部にかけて硬いコリ感と共に、じんわりとした痛みや、息苦しいほどの締め付け感を感じることもあります。

後頭神経痛

長時間の同じ姿勢、ストレスや疲労などが原因で起こる頭痛で、首の付け根から後頭部にかけてズキズキ、キリキリとした痛みが繰り返す頭痛です。

後頭部にある3つの神経のうち、どの神経に痛みがでるのか分かりません。その時によって後頭部の右または左、後頭部の全体など、痛む場所が違います。

くも膜下出血

脳を覆っているくも膜の下で出血したときに起こる頭痛です。多くの場合、脳の動脈瘤などが破裂することによって起きる病気で、痛みはバットで殴られたような痛みといわれるほど激しい痛みです。

命にかかわる病気なので、一刻を争います。できるだけ早く救急車を呼ばなくてはなりません。また、しびれやろれつが回らないなどの前兆が表れた時は、早めに脳神経外科を受診しましょう。

激しい痛みが断続的に続く場合や、最初は軽い頭痛で徐々に激しい痛みに変わっていくという場合はくも膜下出血ではありません。しかし、いつもと違う感じの頭痛だと感じたら、脳神経の専門医に相談することをおすすめします。

-頭痛はなぜ起こる