頭痛の対処法

お酒の影響で頭痛に困った時の対処法

お酒を飲んで頭が痛くなったり、次の日に頭痛や吐き気などが起こったりして困ったという経験がある方も多いのではないでしょうか?お酒を飲んだ時に頭が痛くなる理由は大きく分けて2つあります。その理由と対処方法についてみてみましょう。

アルコール排出のための頭痛と二日酔いの頭痛

お酒の弱い人は、強い人に比べてアルコールという毒物に弱いために、アルコールを外に排出しようとして血管が膨張します。血管が拡張することで神経を圧迫して頭痛が起こるといわれています。

もう一つの頭痛の原因は、アルコールを摂取したことで、肝臓がアルコールを分解しようとします。そのときに体内に有害なアセトアルデヒトが発生し、それを排出しようとして血管拡張が起こり、三叉神経を圧迫して翌日まで頭痛が残ってしまうのです。

お酒による頭痛の対処法

いずれの場合も、お酒を飲んで頭痛が起こる場合は、血管が拡張している状態です。そのため、炎症を沈めて拡張を抑えるには、頭を冷やすということが大切になります。

また、カフェインは血管を収縮させる作用があるので、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェインが含まれた飲料を摂取することで、頭痛の回復を促すことができるといわれています。

もう一つの方法は、お酒による頭痛に効くツボ押しです。耳の後ろの出っ張った骨の下にある完骨(かんこつ)、そこからさらに下に下がった顎の角の裏辺りにある天容(てんよう)、さらに、万能のツボといわれている頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)の3つのツボを押すことで効果が得られると考えられています。

血管拡張による頭痛の場合は安静にすることが重要です。静かにゆっくりと休むことをお勧めします。

-頭痛の対処法