頭痛の痛みが移動するのはなぜ?

頭痛に悩む女性

頭痛で、前回は頭の右側に鋭い痛みがあったのに、今回は同じような症状が頭の左側で起きているというような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?そんな移動する頭痛について探ってみましょう。

移動する痛みの原因について

移動する痛みは偏頭痛であると考えられます。偏頭痛は片頭痛とも表記するように、頭の片側(頭の右か左)にズキンズキンという激しい痛みが表れる頭痛です。光に対してチカチカした感覚を受ける、または、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。

片側の頭に激しい痛みを感じ、4時間から長い場合は3日間位続くこともあります。しかし、一回の頭痛であちこちに痛みが移動するということはありません。しばらくして頭痛が起きた時に、反対側の頭が激しく痛むということがあるため、痛みが移動したと感じるのです。

痛み止めが手放せないという頭痛持ちの方は、新小岩 整体に行ってみてはいかがでしょうか。女性からの口コミ人気も高く、1回の施術で症状が楽になるようです。

偏頭痛のメカニズム

諸説ありますが、偏頭痛は脳の血管壁に炎症が起きるといわれています。詳しく説明すると、脳の血流は脳血管の収縮、拡張によって一定を保たれています。この血液量の調整を担っているのが、セロトニンという物質です。

遺伝、女性ホルモンのバランス、ストレスなどの何らかの原因で、脳血管が収縮すると、セロトニンが大量放出されます。その反動で脳の血管は一気に拡張してしまい、血管壁に炎症が起きます。同時に、血管のまわりの三叉神経を圧迫するので、激しい痛みが起こるといわれています。

頭痛の原因は様々ありますが、肩こりなどの症状をお持ちの方は、骨盤や背骨を整えてくれる江東区 マッサージに相談してみるのもいいでしょう。女性院長なので、女性ならではの症状や不調も相談しやすくて安心です。

偏頭痛はどこに痛みが出るかはその時になってみないと分かりません。そのため、偏頭痛が起こるたびに右だったり、左だったり、こめかみの近くだったりするので、痛みが移動すると感じます。

慢性的な頭痛がある方は、南森町 整体に通ってみてはいかがでしょうか。施術歴11年以上で再発させない根本治療をしてくれます。根本的に身体を変えたい方にはお勧めの治療院となります。

2017/08/18